学苑行事

  1. 郷土の文化を学ぶ

    11月10日、「みるみる宮古!体験めぐり(主催:宮古市教育委員会文化課)」に課外学習として参加してきました。バスに乗って北上山地民俗資料館、新里生涯学習センターなどの施設を巡り、宮古市の歴史や文化に触れ、学ぶとても貴重な機会となりました。

  2. まゆクラフトに挑戦してきました!

    カイコよばれる昆虫の幼虫は、口から繊維をはいて、楕円形の覆いを作り、その中にこもって休眠します。その覆いをまゆといいます。カイコのまゆは、生糸の原料にもなります。その、まゆを使ったクラフトづくりに挑戦してきました。まゆを切ると、中からカイコが出てきてビックリ!している生徒も。

  3. プログラミング学習を導入しました!

    花鶏学苑では、70年の教育の歴史を持つ学研が、新たに取り組む小・中学生向けのプログラミング「Gakken STEAM」を導入し、プログラミング学習をスタートしました。プログラミング学習を通して、「論理的思考力」と「ITリテラシー」を習得します。

  4. 夏合宿を行いました!

    7月23日~24日、陸中海岸青少年の家にて夏合宿を行いました。まずは野外活動で、はじめてのピザづくりに挑戦!生地を美味しくなーれと祈りながらコネコネ。トッピングの具材をのせたら、いよいよ焼きます!はじめてにしては、とても良い出来上がりに、参加した生徒も満足げ。

  5. 久慈琥珀博物館へ行ってきました!

    7月17日、課外学習として久慈市にある「久慈琥珀博物館」へ行ってきました。数少ない有機質の宝石である琥珀。 久慈産琥珀は、バルト、ドミニカと並ぶ世界三大産地の中で最古の8500万年前!なんだそうです。

  6. 陶芸、調理実習などを行いました!

    6月の課外活動では、陶芸、調理、ちょこ盆に挑戦しました。調理実習では、地元宮古市の郷土料理である「ひゅうず」をつくりました。小麦粉をこねて作った生地に、黒砂糖とくるみの餡を挟んで茹でたおやつ。

  7. 学苑指定ジャージの縫製工場へ見学に行ってきました!

    5月28日、本学苑指定ジャージの縫製工場、エヌエルフォーティ様を見学してきました。 同社は、北緯40度に位置する岩手県普代村にあり、その本社及び工場は地元の小学校跡地を再利用していました。

  8. ふれあいキャンパスで交流を深める!

    9月21日、創作活動やニュースポーツ等を通じて、学びと交流を深める目的で、陸中海岸青少年の家をお借りして、ふれあいキャンパスを行いました。普段、なかなか行事に参加できていなかった子も来てくれて、久しぶりに賑やかな行事となりました。

  9. 第一学院高校盛岡キャンパスでの夢授業!

    8月29日(水)、第一学院高校盛岡キャンパスでの"夢授業"へ参加してきました。盛岡市内で学習塾とカフェの組み合わせという、新しい形の教育とコミュニティの場を展開されているSoRaStars(株)代表の山崎先生を講師にお招きして、起業についてと題して講話。

  10. 今日は縄文人!? 土偶づくり講座に参加しました

    11月26日、画家、佐々木琢磨先生を講師に行われた土偶づくり体験講座に参加してきました。土偶(どぐう)は、人(特に女性が多いといわれる)を模したり、精霊を表現して作られたと考えられている土製品。

ページ上部へ戻る